Q.脂性肌のため、オイル成分の多い乳液やクリームではニキビになったり、毛穴が気になる事があります。脂性肌でもヒアルコンプレクス モイスト ローションやクリームを使用できますか?

Q.脂性肌のため、オイル成分の多い乳液やクリームではニキビになったり、毛穴が気になる事があります。
脂性肌でもヒアルコンプレクス モイスト ローションやクリームを使用できますか?

A.

ヒアルコンプレクス モイスト ローションの中のオイル成分は弊社研究開発チームの調整を経て、混合肌にも脂性肌にもお使いいただけるよう配合しております。

まずはスキンケアのステップ(トナー→セラム→ローション)を徹底して行うことをおすすめします。
その上で、お客様の状況に合わせて使用量を調整し、ヒアルコンプレクス モイスト トナーとセラムの量を増やして、ローションやクリームなど水分をカバーするスキンケアは薄く塗ることをおすすめします。

脂性肌の場合、ニキビと角栓には角質に対しての特別ケア(マンデリック リニューアル 18%セラム)の使用もおすすめです。

ニキビと角栓には肌の内的要因の他に、外的要因も影響するため、お肌を清潔にし、保湿や日焼けの対策にも注意して、生活リズムも整えることが大切です。

Q.油っぽい部分と乾燥する部分が混在する混合肌には、ヒアルロン酸シリーズがおすすめでしょうか。

Q.油っぽい部分と乾燥する部分が混在する混合肌には、ヒアルロン酸シリーズがおすすめでしょうか。

A.

混合肌には、ヒアルコンプレクス モイスト エッセンストナーとヒアルコンプレクス モイスト ローションがおすすめです。

Q.使用した後顔にポロポロしたカスが出た原因は何でしょうか。

Q.使用した後顔にポロポロしたカスが出た原因は何でしょうか。

A.

理由は以下が考えられます。

1. スキンケア商品の高分子ヒアルロン酸や増粘剤などの成分による場合。

2. 肌の状況が、例えば水分不足による皮むけがあったり、古い角質が分厚くなって肌がガサガサになっている場合。

3. 保湿クリームやセラムが十分に染み込む前に、すぐにファンデーションや日焼け止めを塗った場合のヨレ。

Q.乾燥によるかゆみとチクチクした痛みがあります。 敏感肌へおすすめのスキンケアはありますか?

Q.乾燥によるかゆみとチクチクした痛みがあります。
 敏感肌へおすすめのスキンケアはありますか?

A.

敏感肌には低刺激の成分と緩和効果のあるスキンケアを選んだ方が良いです。
乾燥によるかゆみやチクチクしたかゆみの症状は、肌表面のバリア機能と防御力が低下している現象であるため、まずは保湿と修復が一番重要です。
肌表面の水分の蒸発を防いで敏感症状と荒れを改善しましょう。


おすすめ商品:

Q.レーザー治療後にはどのシリーズがおすすめですか?

Q.レーザー治療後にはどのシリーズがおすすめですか?

A.

レーザー治療後のスキンケアのポイントは”十分な保湿”になりますので、「ヒアルコンプレクス モイスト シリーズ」がおすすめです。
また、フェイスパックを使うことで肌の保湿効果を向上させることができます。
ヒアルコンプレクス モイスト シリーズとカプセルシリーズ(ビタミンB)のフェイスパックがおすすめです。

避けるべきスキンケアは?
アルコール・香料・色素・新陳代謝を促すフルーツ酸(サリチル酸、アルファヒドロキシ酸、レチノイン酸、グリコール酸)
・角質除去のクレンジングジェルパック・泥パックなど肌を刺激しやすい成分は避けてください。